トップページ > 企業情報 > 企業理念 > 次世代育成の取り組み

企業情報

次世代育成の取り組み

フジックスは仕事と子育ての両立を支援します

当社は、仕事と子育てを両立支援に取り組む企業として、厚生労働大臣の認定を受けました。

両立支援対策としてすでに実施した事項

  1. 短時間勤務制度の対象者を小学校3年生までに拡大(従来小学校就学するまで)
  2. 看護休暇の時間単位での取得を制度化
  3. NO残業デイの実施(月2度)

さらなる両立支援の環境作りを目指し、新たに下記の行動計画を策定し実行しております。

厚生労働大臣の認定


次世代育成支援に係わる事業主行動計画

従業員が仕事と子育てを、両立しやすい環境作りを目指し、従業員と一緒に考え、下記の行動計画を策定いたしました。

1. 計画期間  平成29年4月1日~平成31年3月31日

2. 内容

① 目標

労使による小委員会を設置し、育児休業規程の内容充実のための協議を行う。

対策
  • 平成29年4月以降に、労使による小委員会を設置し、協議を行う。
  • 平成30年4月以降に、育児短時間勤務制度の対象者を小学校3年生(現行)から小学校4年生までの子を養育する従業員までに拡大するなどのほか育児休業規程の内容を充実させる。
② 目標

労使による小委員会を設置し、就業規則の内容充実のため協議を行う。

対策
  • 平成29年4月以降に、労使による小委員会を設置し、協議を行う。
  • 平成30年4月以降に、子の看護休暇制度の対象者を小学校就学前(現行)から小学校3年生までの子を養育する従業員までに拡大するなどのほか就業規則の内容を充実させる。
③ 目標

所定外労働時間の削減のための措置の実施。

対策
  • 平成29年4月以降に、NO残業デーを現行の月2回から3回に増やし、所定外労働削減の意識改革を図る。
④目標

労使による小委員会を設置し、介護休業制度の内容充実のための協議を行う。

対策
  • 平成29年4月以降に、労使による小委員会を設置し、協議を行う。
  • 平成30年4月以降に、週または月の所定労働日数を短縮する制度(特定曜日の勤務)などのほか介護休業規程の内容を充実させる。